【M&Aと金利】企業間での合併、買収がここ10年で最低水準に達してるワケとは?

世界のM&A取引がここ10年で
もっとも少なくなっているようです。

M&Aとは、簡単に言えば、
企業の合併や買収のことです。

たまにニュースで、

「A社がB社を〇〇〇億円で買収へ」

という表現が流れると思いますが、
まさにあれです。

つまり、なぜか最近、企業間で合併や買収が、
活発に起こなわれてないというわけです。

一体、なぜなのでしょうか?

これには、世界経済の動向が
強く影響しているようです。

世界の経営者たちが見てる
今後の経済を行方とは?

ぜひチェックおきましょう。

動画概要(8分20秒)

金利とM&Aの関係

・A社がB社を買う時のお金の流れ

M&Aにおけるコスト高とは

逆イールド状況

・経営者たちもリセッション予想

資金が枯渇してきてる?

日本製鉄のUSスチール買収はババを掴んだ?

・景気後退で赤字転落

東芝没落の原因はWH買収?

・M&A取引は更に下火になっていくかも

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

※ 有料コンテンツの閲覧についてお困りですか?

サイトの技術的な問題に関してのお問い合わせは、こちらの問い合わせフォームからお知らせください。

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。
    (|select `level_id` from `wp_ihc_user_levels` where `user_id`='0' and `level_id` != '0' order by `level_id` desc;|)

最近の記事

アーカイブページ