原油輸出しまくりの米国 ‐ そこにはロシア陣営との激しい駆け引きがありました

アメリカの原油輸出が
過去最高に急増しました。

もう、とにかくエネルギー増産し、
輸出しまくってるわけです。

では、なぜこんな事が起きているのか?

今回はこの辺を、
政治力学や地政学をもとに、
分析していきたいと思います。

もちろん、偶発的な現象ではなく、
裏でプロレス団体が糸を引いてるのは
言うまでもありません。

裏で、一体どういったシナリオ、
思惑が走っているのか?

・中東情勢

・スエズ運河

・冷静なイラン

などが複雑に絡み合う、
DS陣営とロシア陣営の
激しい駆け引き合戦。

ぜひチェックしておきましょう。

動画概要(14分46秒)

原油チャートが下がってきてる理由

・アメリカが原油増産した思惑とは?

ロシアから欧州への供給

あらゆる妨害工作でストップ

・干上がってるパナマ運河

・次の狙いは中東情勢からのスエズ運河

空母 vs フーシ派

OPECプラスのカウンター攻撃

・思惑が外れたDS陣営

・なかなか挑発に乗ってこないイラン

・中国,ロシアがイランを制止してる?

・安くても売れたらいいロシア

エリクソンモービルの裏にいる人達は?

・US産高騰で日本はインフレに

DSとロシアの我慢比べ大会開催中

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

※ 有料コンテンツの閲覧についてお困りですか?

サイトの技術的な問題に関してのお問い合わせは、こちらの問い合わせフォームからお知らせください。

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。
    (|select `level_id` from `wp_ihc_user_levels` where `user_id`='0' and `level_id` != '0' order by `level_id` desc;|)

最近の記事

アーカイブページ