某ファミリーが提唱するグレートリセット後の世界 ‐ 世界政府のイデオロギーとは?

今回は、いつもより
少し先の未来の話になります。

時系列でいうと、

“グレートリセット後の世界”

です。

プロレス団体の有名ファミリーの1人が、
理想としてる世界のあり方を、
とある評議会で発表していたのです。

わざわざ宣言してるということは、
そういう方向に持っていく
シナリオが用意されていると見ていいでしょう。

100%その通りに進むかは、まだ分かりませんが、
彼らがどういう世界を目指しているのかは、
知っておいて損はないでしょう。

資本主義が終わった先には、
果たしてどんな世界が待っているのか?

ぜひチェックしておきましょう。

動画概要(11分35秒)

グレートリセット後の世界

・上にはラッセル商会

・あまり知られてない“ナチ”の意味

ファシズムが目標の人達

グローバリズム と ナショナリズム

社会主義 と 自由主義

世界思想マトリクス

プーチンがやろうとしてる事

一般的な右派の位置

・ようこそ“1984”の世界に

世界政府のイデオロギー

従わない企業の末路

利益追求は許しませんよ

広告審査がおりずに倒産

BRICsが目指す世界

・判断はすべてAIに

・「ビッグブラザーばんざーい!」by 経済クラブ

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

※ 有料コンテンツの閲覧についてお困りですか?

サイトの技術的な問題に関してのお問い合わせは、こちらの問い合わせフォームからお知らせください。

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。
    (|select `level_id` from `wp_ihc_user_levels` where `user_id`='0' and `level_id` != '0' order by `level_id` desc;|)

最近の記事

アーカイブページ