米国テーパリングの次なる動き 最大500兆円分の証券が売られたらどうなる?

ちょっと気が早いかもしれませんが、
アメリカのテーパリングが終わった後の
経済予想になります。

なので、3月以降の話です。

量的緩和が終わったあと、
アメリカは具体的にどういった政策を
打ち出してくるのか?

そして、その政策は、
日本や、世界経済にどういった
影響を及ぼしそうなのか?

日本の景気や、ドル円の動き、インフレにも
影響が大きいテーマになりますので、
ぜひ音声をチェックしてみてください。

音声概要(6分39秒)

テーパリングの次にくるもの

最大500兆円分が売りに出される?!

・今後のアメリカの景気予想

日本への具体的な影響

円安、インフレは更に進む?!

世界経済への影響はどうなる?

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 中国、金融外資の参入による影響

  2. トランプの閣僚人事で見る未来予想図

  3. ICO詐欺、不正横行:裏で仕掛けられる実験とは?

  4. フィリピン企業の半数が不正被害!犯罪の具体的手口とは?

  5. モンサントを買収して倒産危機に陥る製薬会社バイエルの悲劇!

  6. 3年連続の「想定外」自然災害で損害保険会社が危ない?

  7. 過去4度起きた国債急落、歴史は繰り返す!

  8. 大統領発言に揺れるフィリピンペソをどう見る?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ