「有事の金」は本当か?世界の中銀で金(ゴールド)保有量が増加中

世界の中央銀行で、
金(ゴールド)の保有量が増加しております。

ドルを金に変えるという動きがあるわけです。

「有事の金」なんて言葉もありますが、
これから何か起こるとでも言うのでしょうか。

今回は、そんな「金(ゴールド)」について
音声にて解説しました。

2022年に金は上がりそうなのか?

そして、グレートリセットが叫ばれる昨今において
金は資産保全として未だに優秀な存在なのか?

ぜひ参考にして頂ければと思います。

–音声概要(7分26秒)–
ドルを金に変える動きアリ

金保有が顕著な国の共通点

・22年は金が値上がりするのか?

資産保全に最適な金の形状

金VSサバ缶

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. デキるやつほど起業する?大企業の見限った日本の若手エリートたち

  2. 株式投資はプロに任せるな!

  3. 儲からない投資信託を選ばされる推奨法に騙されるな!

  4. 外国投資が半減!フィリピン経済の行方

  5. 米・トルコ 対立軸の裏側

  6. 西側諸国に接近するインド外交にまつわる裏話

  7. イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

  8. イラン危機の裏シナリオ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ