【行き過ぎた脱炭素政策】人類が20年後に直面する大公害の真実

まさに「不都合な真実」と呼ぶに
ふさわしいと思います。

地球温暖化防止、脱炭素、
ソーラーパネル、EV車用バッテリー。

一見、地球に優しそうな物ばかりです。

ですが、一部の人は
ここに大きな問題が隠されていると
指摘し出しております。

世界中で推し進められている環境政策が、
20年後の地球に、一体どんな大問題を
引き起こすのか?

意外な事実が明らかになりましたので、
ぜひチェックしてみてください。

–音声概要(6分16秒)–
太陽光ブームの裏で

廃棄したらヤバい理由

・トヨタすらこれからバンバン作っていく物

・山積みにされる重金属の塊

大公害時代到来?!

人類が生きれる環境条件

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 三菱UFJ銀行コインの秘密

  2. 不景気なのに物価が上がるってどういうこと?中国発のスタグフレーションが…

  3. 新興国の資金援助「IMFか中国か」 どちらが賢明?

  4. *仕手筋に注意*チャートがわかる人ほど騙されるビットコイン相場

  5. 大手マイニング事業撤退!でも個人が勝てる理由

  6. 破綻間近!地銀の粉飾に金融庁が警鐘した!

  7. 日本ではなく海外で稼げ!

  8. 西側諸国に接近するインド外交にまつわる裏話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ