お詫びと、Xの正体

小崎です。

今日はお詫びがあります。

X氏の新春特別セミナーの
受付開始日についてです。

昨日のメールでは

「26日から新春セミナーの受付スタート」

とお伝えしました。

ですが、受付開始が数日
後ろにずれ込むことになりました。

そのため、年末年始の銀行の休日の関係で、
銀行振込の方は、1月3日にリアルタイムで
参加できない可能性があります。

誠に申し訳ありません。

セミナー開催日時は
予定通り1月3日19時のままです。

なので、1月3日のリアルタイムでの参加は
クレジットカード払いのみとなるかもしれません。

また、1月3日のリアルタイムでの受講は
有料会員さんと過去のセミナー受講者に
限らせていただくかもしれません。

セミナーは収録しますので、

収録版については、一般受付もしますが
セミナー開催後のご案内となる可能性があります。

ご了承ください。

ちなみに・・・

なぜ急きょ変更があったかと言うと、
本日X氏と電話したことがきっかけです。

「セミナーで話すことは公文書になっている」

とX氏から聞いていたのですが
(私はそう理解していたのですが)

私がどんなに調べても、
文書が見つからなかったんですね。

証拠のない話をセミナーで話すのもどうかと思い、
X氏に確認の電話をしたわけです。

すると判明したのが、X氏の人脈でした。

X氏は私が思っていた以上に
プロレス団体の上の人と直接繋がって
仕事をしていました。

もちろん横森さんの元上司ですし、
大物であることは理解しているつもりでしたが、
想像を超えていました。

あまり具体的なことは言えないのですが、

一例をあげると、

ダボス会議で議長を務める
クラウス・シュワブ氏がいますよね。

X氏は、そのシュワブ氏のさらに上にいる
大ボスの方と直接仕事をしていたということが
本日電話をしていてポロッと話に出てきました。

その大ボスというのは、

日本人もよく知るアメリカの有名な政治家の師匠であり、
ある世界的な銀行の総裁の師匠でもあります。

今現在、世界的にかなりの影響力を持つ人たち。

彼ら自体が、フィクサーと呼ばれるような人ですが、
そのフィクサー等のさらに上に位置する、
師匠にあたる人物と直接仕事をしていたのがX氏でした。

(それをついさっき知り、今も少し
 衝撃を受けながらこのメールを書いています)

これまでに公開した音声の内容は、
もちろん公文書に出ている内容もありますが、

そういった人脈から入手した特殊情報も
混じっていることが判明しました。

セミナーで扱う内容も、

公文書からの情報だけでなく
X氏の特殊な人脈を基にした
情報が多数出てくる予定です。

どこまでが公文書の内容で、
どこからが文書にもなっていない
(文書にできない)内容なのか?

そのあたり含めて整理し、
セミナー内容を揉む必要があるため、
セミナーの受付開始を数日ズラすことにしました。

ですので、以上をまとめますと、

これまでに公開した音声の内容や
セミナーで扱う内容はすべて

公文書になっているとお伝えしてきましたが、
表に出ていない情報も含まれます。

その点、事実と異なる発信をしてしまい
お詫び申し上げます。

ですが、逆に

いくら一般人が調べても知り得ない情報をX氏は持っており、
これまでの音声や新春セミナーでも
特殊な人脈から得た情報を聞けるという意味で

予定していたものよりも
さらに価値あるセミナーとなりそうです。

ただ、

どこまで公文書の情報で
どこからX氏の特殊な人脈による情報なのか?

そのあたりを私自身が理解してから
お届けする必要がありますので、
受付開始を数日送らせていただきます。

ご了承ください。

ちなみに、今晩、急きょ
横森さんとも打ち合わせすることになりましたので

X氏の経歴や今回のセミナー内容について
改めて話し合ってきます。

楽しみにしていただいているところ
お待たせして申し訳ありませんが
もう少々お待ちいただけると幸いです。

小崎壮平

追伸

ちなみに、ここ最近の音声つについて
こんな感想が届いています。

===ここから===

世の中に出てきている情報とのギャップが凄すぎました。

===

皇居を売る、、
日本人でこのような話をした方は
初めてではないでしょうか。

大胆な発言にまた次はどうなるのだろう?
と全く読めない展開に興味をそそられます。
セミナーぜひ参加したいです!

===ここまで===

私自身、X氏の話に驚きましたが、

X氏がここまで凄い情報を平然と話すのも、
その経歴を知って、なるほどと思いました。

そりゃあ、ダボス会議議長クラウス・シュワブ氏の
さらに上にいる人と直接仕事をするような立場なら、
世の中に流れている情報とギャップがあって当然ですよね。

と、同時に、

今まで毎月当たり前に話を聞き続けてきた横森さんも、
X氏と仕事をしていたわけですし、
X氏を経済クラブに呼べる関係です。

改めて横森さんって凄いですね。苦笑

追伸2

今日の話を念頭に置いた上で
改めて音声を聞くと、
その情報の意味というか、
重みがさらに伝わってきますね。

=================

【X】2022年の経済シナリオ
https://keizaiclub.com/x1_stockprice/
パスワード:2022kabuka

=================

【X】グレートリセットについて
(政権交代、日本破産、MMTなど)
https://keizaiclub.com/x_kokyo/
パスワード:kokyo

=================

関連記事

  1. 第494回収録【2022年投資トレンド】今年は「ESG」で一波乱ありま…

  2. 質問1074 日本破綻の資産防衛対策

  3. 第262回収録 2015年を振り返る

  4. 質問1081 仮想通貨のウォレットはどこの取引所がいい?

  5. 質問970 タンス預金炙り出し法

  6. マイナンバーから逃れるためドルのタンス預金は有効か?

  7. 第495回収録 八百長疑惑?RIZINシバターを越える「世界VIP達の…

  8. 第375回収録 トランプ「国境の壁」プロレス劇場

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ