【米国テーパリング加速】給付金を貰えるのは今回で最後かもしれません

つい先日、アメリカのFRP
(日本でいうところの日銀)が

「テーパリング(量的緩和の縮小)の加速」

を発表しました。

2022年の3月にお金を出すことを辞める。

つまり、金融の引き締めに入ると
宣言したわけです。

これは、どういう意味なのか?

日本の経済や、日銀の動きに
何か影響はあるのか?

というところを、
今回は音声にて解説しましたので、
ぜひチェックしてみてください。

やはり、世界規模の
スタグフレーション化は
避けられないみたいです。

–音声概要(7分44秒)–
米国テーパリングの影響

・その一方で配りまくるバイデン

・どう転んでも世界スタグフレーション化

・日本もインフレは避けられない理由

バラ撒き経常収支国債の関係性

日本経済がおかしくなるタイミングとは?

給付金政策の終焉

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 現代最高の予言者ビルゲイツ 世界経済はさらなる縮小へ!

  2. 中国技術は日本に勝つ? 

  3. 香港の不動産バブル崩壊?金利上昇が与える影響 

  4. 幸福度とお金の関係

  5. 銀行法規制緩和 「窓口平日休み」の裏読み

  6. 仮想通貨ブームの終焉:仮想通貨の未来とは? 

  7. ベトナム首相失脚:今後の経済発展はあるのか?

  8. 香港ドルの通貨発行権 米中覇権争いの行方とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ