新車が待てど暮らせど納車されない…品不足とインフレが加速する不景気ならではの流れとは?

日銀が11日に発表した企業物価指数が
とんでもない数字を叩き出していました。

なんと約40年ぶりの大きさです。

この40年間で1番高い数字だったわけです。

企業間の取引に限定されているとはいえ、
驚きの値です。

そして、企業物価は最終的には、
消費者物価に結びつくとも言われています。

製造コストが上がるわけですから、
遅かれ早かれ商品価格に反映されるのも
自然の流れです。

つまり、私達の生活、日用品にも
インフレが迫っているというわけです。

やはり、日本はインフレを突き進んでいく流れに
乗ってしまっているということなのでしょう。

今回は、そんな企業物価と
私達の生活への影響について、
音声にて詳しく解説しました。

–音声概要(7分11秒)–
企業物価指数がヤバい数字になっていた!

・みな口を揃えて言う「一時的」の意味

・企業間の価格競争が起きない理由

人員整理を余儀なくされるメーカー各社

・インフレに突き進む負のスパイラル

日銀はどこまで耐えれるか?

・これが俗に言うスタグフレーションの始まり

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 家政婦は国際送金革命家

  2. 金よりビットコイン!米若い投資家が支持する仮想通貨の未来とは?

  3. 来るべき食料高騰の兆し?「収穫したくてもできない…」農業の実情

  4. 反ユダヤ主義はやめましょう

  5. 生命保険の正しい選び方

  6. 膨らむ債権バブル、崩壊後の世界経済とは?

  7. 安倍首相のゴルフ外交、『親密』日米関係の行方

  8. 必要とされる人・削減される人。ダボス会議「グレート・リセット」がもたら…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ