パパの会社潰れちゃうの?中小企業に降りかかるエゲツない試練

大倒産時代は、すぐそこまで
来ているのかもしれません。

とある試練が中小企業に降りかかろうとしています。

下手すると、22年中に中小企業の倒産が
相次ぐ可能性が出てきました。

そして、雇用が激減し、
日本は大不景気に突入してしまう…

ではなぜ、こんなことが予想されているのか?

その根拠となる数字とは?

音声(5分44秒)にて詳しく解説しました。

国内における企業数の99%、
雇用の70%を占めるといわれている中小企業。

もしここが大打撃を受けたとしたら?

他人事では済みそうにありませんので、
シェアさせて頂きます。

–音声概要–
・数字だけで見るとリーマン・ショック時の値に迫る

・延命されていた中小企業に降りかかる試練

大倒産時代はすぐそこ?!

・Vにより経済活動はすでに許されているが…

・プロレス団体の次のプランとは?

・もうバラマキの余裕がない政府

生活が立ち行かなくなる人達の特徴

・業績を戻せるかどうかが生死の分け目

…etc


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

  2. 1946年の預金封鎖の現実

  3. 日本健全論者の盲点

  4. 「米中冷戦」による世界経済への影響とは?

  5. フィリピン大統領、米国に「ワクチンを提供しなければ軍事協定を終了する」…

  6. リーマン級を超える金融危機はいつ来るのか?

  7. 北朝鮮ミサイルが発射され円高になる本当の理由

  8. 大不祥事企業をバフェットが買い増す理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ