不景気なのに物価が上がるってどういうこと?中国発のスタグフレーションが日本を襲う日

どうもスタグフレーションは避けられないようです。

つまり、簡単な言葉で表現すると、
不景気の中でもジワリジワリと
物価上昇が続いていくということです。

もっというと、給料が増えにくい中で、
日用品の値段が上がっていく状態です。

国民にとっては堪ったものではありません。

世のお母さま方は、家計簿を眺めながら
頭を抱えることになるでしょう。

では、そんなスタグフレーションが
日本を襲うといわれている根拠は何なのか?

そして、それは具体的にはいつ訪れるのか?

音声(10分25秒)にて詳しく解説しました。

–音声概要–
・横森が20代の頃に教えを乞うていたヤバい人物

スタグフレーションとはどういう状況なのか?

・先進国を中心に人口の急減少が起こりそう

中国経済の影響をモロに受けてしまう理由

〇〇年前の日本≒今の中国!?

スタグフレーションハイパーインフレの違いを優しく説明

円高の最大の要因

・今後の円の動きを予想、円安or円高?

・存続が危ぶまれる日本の某トップ企業

・まだ猶予はある!

…etc

今回の話は少しばかりスケールが大きいです。

明日明後日の話ではなく、
今後、数年間の大まかな経済の動きの話になります。

目先のことしか考えてない人達には、
絶対にこういうところまで見えていません。

そして、いざ問題が起こった時に、パニックなり、露頭に迷い、
大切な家族すら守れなくなる可能性があります。

でも、これは裏を返せば、まだ準備できる猶予は
誰にでも残されているということです。

今ならまだ間に合う!

来たるべき日に向けて
着々と準備を進めていきましょう。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 緊急使用許可の新型コロナワクチン!本当の目的とプロレスの背景とは?

  2. 「先行き不安」でタンス預金する馬鹿げた富裕層

  3. 世界3位の国際通貨となった人民元の未来

  4. 儲からない投資信託を選ばされる推奨法に騙されるな!

  5. 『日本の借金1000兆円はやっぱりウソでした』はやっぱり嘘でした

  6. コロナ危機!ビットコインがゴールドに代わる資金退避先となるか?

  7. グリーンディール時代開幕!今後の有望なビジネス!

  8. 富裕層に大人気!大恐慌、コロナ鎖国時代で密かに海外に逃げる方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ