習近平は悪か?正義か?中国にしか出来ないクレイジー国家戦略

中国での外国企業に対しての規制が激しくなってきた。

大量の外国企業が中国から逃げ出しているようですが、
横森曰く、中国の長期的戦略が見え隠れしているという。

ブロレス団体から自国を守ろうとする習近平の国家戦略とは?

音声(10分18秒)にて解説しました。

–音声概要–
・中国が外国企業に媚を売る必要がなくなってきた最大の理由

・今の中国と1990年頃の日本の奇妙な共通点

中国不動産の行く末

人民元が強いワケ

レーガノミクスとの類似点

・日本も学ぶべき習近平の手腕

習近平は現代のヒトラーなのか?

・歴史から見る日本国家破綻の予兆

・中国との関係性が日本の将来を決める?

…etc

何かと叩かれることが多い習近平。

でも、今回の音声を聞けば彼の見方が変わるはずです。

彼は裏でとてつもなく長期的な視点で、
緻密に練った戦略を遂行している可能性が高いです。

彼の動きは、今後の
日本との外交にも必ず影響してきますので、
ぜひチェックしておきましょう。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. インターネットで情報操作されている真の理由(ヒント:政府じゃないです)…

  2. 未来を担う2つのプロレス団体系仮想通貨

  3. 超健全財政のロシアは強いのか?

  4. 2020年どうなる? 日本破綻!

  5. 『腹黒い』仮想通貨取引所の実態

  6. 日本3大リスクは回避不可能か?

  7. 下落はじまる東南アジアの不動産市場

  8. 新型コロナの世界経済崩壊!インフレかデフレか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ