ファイザーCEO「新V開発」100日に1回V接種社会へ

ファイザー社CEOが

「新型コロナワクチンの耐性変異がいつか現れると信じている」

「ファイザーは3ヶ月以内に特定変異に対応するワクチンを開発するシステムを備えた」

と話しています。

この発言が何を意味するのか?

これからのシナリオを解説します。

【音声内容】

・100日に1回V接種せよ

・次々にウイルスとVが登場するエンタメは、いつ頃まで続くのか?

・打てば打つほどヤバくなる

・WHOと矛盾する内容はYouTubeでは削除対象

・死亡者、重傷者を発表してはいけない契約書

・移動制限→V接種→自由→接種者による感染増加→新V接種…

・Vビジネスは金儲けのため“ではない”

・Vと関係のない病気が流行り出す


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 東欧国とロシアの密かな関係…対プロレス団体が仕掛けるロシア…

  2. バイデン大統領、大スキャンダルで来年早々に辞任か!?

  3. トルコ危機の真相 

  4. 生命保険の不条理

  5. 米法人税大減税はアメリカ経済に幸運をもたらすのか?

  6. 持ち家は危険! 限界点に達しつつある日本の不動産

  7. 大統領発言に揺れるフィリピンペソをどう見る?

  8. 世界の紙幣がタンス預金に消える謎

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ