飲むmRNA!?遺伝子治療が当たり前の時代へmRNA

モデルナのCEOがインタビューで
遺伝子治療について言及しています。

これからの時代は、コ●ナに限らず、
そしてワ●チンという形態に限らず、
遺伝子治療が当たり前になることが考えられます。

【音声内容】

・コ●ナに限らず、遺伝子治療が当たり前の時代になる

・ガンになっても平気

・人間だけじゃない!すべての家禽類もワ●チン接種

・デモが起きるのも計算のうち(怒らせるのがプロレス)

・高血圧も、ダイエットも、糖尿病も遺伝子治療


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 英金融のEU市場が分断危機!来年早々、金融大混乱の不吉な予感

  2. 年間220兆円の不法取引:金融界の未来

  3. 投資ファンドの社会的役割とは?

  4. 留学渡航先5位になったフィリピン、海外留学のススメ 

  5. 2020年、不況はなぜ起こるのか? 

  6. 伝統金融機関、仮想通貨への見解の変化を読み取れ!

  7. 人工知能は投資必勝法を確立できるのか?

  8. 国債暴落?「節税保険」解約ラッシュ、保険会社の経営悪化が生む波紋

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ