欧露戦争の引き金となりかねないウクライナ情勢

【音声内容】

・EU vs ロシア戦争の引き金になりかねないウクライナ問題

・アメリカの横槍で止められたパイプライン

・プロレス団体の意向は?

・ドイツの意図

音声ダウンロード(MP3) [6月27日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

ウクライナのEU加盟は困難=独与党CDU党首

2021年06月27日 15:10 スプートニック

ドイツの次期首相候補で、ドイツ与党「キリスト教民主同盟」のアルミン・ラシェット党首は近い将来においてウクライナが欧州連合(EU)の加盟国となるパースペクティブは見えず、まずはバルカン諸国の統合に集中する必要があると発言した。

ラシェット党首は「共に同盟90/緑の党」のアンナレーナ・ベアボック党首、および及び社会民主党の重鎮、オラフ・ショルツ副首相兼財務相と臨んだ共同インタビューの中で次のように発言した。

私は現時点において27カ国からなるEUが近い将来において、あれほど巨大な国を受け入れる力があるとは考えていない。したがって、私は現時点で最大の課題は西バルカン諸国の統合だと考えているが、それだけでも困難な状況にある。その後にウクライナにとっての理論的なパースペクティブの可能性はあるとは思うが、それが近い将来に実現すると約束することは誠実ではないと思う。

ショルツ副首相兼財務相も同様の見解を表明した。EUの優先項目はバルカン諸国の統合であり、ウクライナのEU加盟に関する見通しは議題にさえあがっていないという。

また、ウクライナに軍事兵器を輸出する可能性はあるかとの質問について、ラシェット党首はドイツがウクライナ東部の紛争調停に参加していることから、軍事兵器の輸出はこの役割を破綻させるとした上で、輸出の可能性を否定した。一方、ベアボック党首は地雷撤去などの分野でウクライナを支援することや、欧州安全保障協力機構(OSCE)による視察団の機能を強化することは可能とした。

関連記事

  1. 質問845 「日銀当座預金に債務性がない」という理論を教えてください

  2. 質問1222 AIと自然は共存するのか?ムーンショット計画の未来とは?…

  3. 質問989 トルコ危機後のトルコ債は儲かるか? 

  4. 【マル秘メモ】米債務上限引き上げ問題の不吉な予感

  5. 第267回収録 老後の資金の作り方

  6. 第436回 イスラエル・UAE国交樹立の裏目的…

  7. 第286回収録 OPEC減産合意に伴う近未来の経済とは?

  8. 質問851 タンス預金、ドル以外はどの通貨を持つべきか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ