資源の供給リスクから見る未来像

鉱物資源などの国際商品価格が
2020年半ばから急上昇しています。

資源の上昇は一過性に
とどまらないとの見方も出ており、
今後のインフレリスクに警戒が必要です。

【音声内容】

・世界の鉱山を持っているのはどこか?

・融資がおりる分野

・横森が長期保有している資源とは?

・穀物はまだまだ上がる?

・インフレが続く限り緩和されない


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 比麻薬大戦争を仕掛けるドゥテルテ大統領の裏側

  2. ウォーレンバフェットが日本の5商社に投資をした裏の理由…

  3. イスラエルvsパレスチナ 聖書預言を成就する最終シナリオ?

  4. 地方銀行の破綻に備えよ!

  5. 円高の原因は『安全資産』という嘘!

  6. 買っていい投資信託

  7. 財政黒字化の目標設定は永遠に先延ばし

  8. 香港「逃亡犯条例」騒動の裏読み

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ