資源の供給リスクから見る未来像

鉱物資源などの国際商品価格が
2020年半ばから急上昇しています。

資源の上昇は一過性に
とどまらないとの見方も出ており、
今後のインフレリスクに警戒が必要です。

【音声内容】

・世界の鉱山を持っているのはどこか?

・融資がおりる分野

・横森が長期保有している資源とは?

・穀物はまだまだ上がる?

・インフレが続く限り緩和されない


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 新型コロナを予言した『ある』大学の裏話

  2. 資産家か貧乏人になるかの人生の分かれ道

  3. 金よりビットコイン!米若い投資家が支持する仮想通貨の未来とは?

  4. 子供を持ちたくない男性が急増しているワケ

  5. ポーランドVSベラルーシで紛争の気配あり?

  6. パナマ文書に怯える日本の富裕層

  7. 富裕層になる『マインドセット』とは?

  8. 東京オリンピック後に起きるもう一つの危機とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. グレートリセット2023

アーカイブページ