東京タワマン1億円→1円に暴落の可能性

今は月5000円、
10年後に月6万円、
30年後に月12万円…

物件契約時の長期修繕計画書と
その積立金の徴収計画書を読み直すと、

修繕積立金が膨れ上げる計画が
記載されている…かもしれません。

【音声内容】

・タワマンはこれで暴落

・株のような暴落になる可能性・流動性低下とインフレ

・一般の人が住む家も暴落する

・搾取の構造

・マンション1円の世界


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. どうなる日本の不動産?絶対に避けられない地価崩壊!

  2. 日銀:賃貸住宅市場に異例の警鐘:隠された思惑とは?

  3. 2020年どうなる?中国!

  4. 「現代金融理論」で脚光!財政赤字拡大路線の裏側

  5. 「我々がルールだ」世界を牛耳る欧州の脱炭素戦略

  6. ハーバード大、人類の70%が新型コロナ感染の真相!

  7. インフレの中FRBはいつまで緩和を続けるのか?

  8. 『イギリス離脱ショック』がもたらす世界の大転換期とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ