東京タワマン1億円→1円に暴落の可能性

今は月5000円、
10年後に月6万円、
30年後に月12万円…

物件契約時の長期修繕計画書と
その積立金の徴収計画書を読み直すと、

修繕積立金が膨れ上げる計画が
記載されている…かもしれません。

【音声内容】

・タワマンはこれで暴落

・株のような暴落になる可能性・流動性低下とインフレ

・一般の人が住む家も暴落する

・搾取の構造

・マンション1円の世界


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 破綻間近!地銀の粉飾に金融庁が警鐘した!

  2. 海外隠し資産、国税への正しい対処法

  3. 収入格差=遺伝:AI時代を生き残る人材とは?

  4. 日本の医師の半数『医療崩壊する』

  5. 石油業界の「勝者」「敗者」で見極める世界支配構造

  6. 飲むmRNA!?遺伝子治療が当たり前の時代へmRNA

  7. 英銀次期総裁がビットコイン忠告の裏読み

  8. 海外移住のススメ!移住で考えるべき2つのポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ