仮想通貨規制シナリオ 全てプロレス団体の管理下へ

欧州中央銀行総裁、イングランド銀行総裁、米証券取引委員会長など

そうそうたる顔ぶれが集まり、
仮想通貨の規制に向けて
連携していくことになりました。

一見、「規制」ということで
嫌なニュースに聞こえるかもしれませんが
横森は「良いニュース」だと言います。

それはなぜなのか、そして
プロレス団体との関わりについて解説します。

【音声内容】

・「規制」という名の「良い」ニュース

・規制でダメージを受ける人

・規制強化によって、まともな投資対象となる

・最終的にすべてプロレス団体の管理下となる

・今後のシナリオは、プロレス直系の規制当局たちの発言でわかる


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 24年ぶりの高水準になった有効求人倍率の落とし穴

  2. アメリカが同性愛者を擁護する隠された秘密

  3. 日本の脱デフレと財政問題の驚愕な解決手法

  4. 2016年の世界経済を左右するたった一つのポイントとは?

  5. 米法人税大減税はアメリカ経済に幸運をもたらすのか?

  6. プロレス大統領トランプ SNSアカウント永久凍結が持つ意味とは?

  7. 貧困に陥る専業主婦思想

  8. 地政学リスクと石油相場の本当の関係性

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ