インフレの中FRBはいつまで緩和を続けるのか?

FRBは米国のインフレ率4.1%を
短期的インフレだと言い、
緩和政策を続けています。

なぜ、金融緩和を続けているのか?

そして、緩和を続けた結果、
株や債券はどうなるのか?

横森が解説します。

【音声内容】

・FRBと投資家の認識のズレ

・緩和と言わざる得ないFRB

・FRBも経済破壊シナリオをわかっている

・短期で凌いでも長期でドカン

・株を犠牲にして債券を支える


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. IT投資不足、AIビジネスに日本は乗り遅れる?

  2. 金利なしで過去最高の預金残高が物語る日本経済

  3. 【北朝鮮による南北統一】韓国が脱北者団体を刑事告発した真相…。朝鮮統一…

  4. 鳥インフルが人へ感染!今冬新たなパンデミックか?

  5. フィリピン外資優遇か、閉め出しか?規制緩和の矛盾 

  6. たった1名陽性で経済崩壊!今冬は世界中で物価高騰の恐れ

  7. 中国の試練:中国はどう乗り越えるのか?

  8. 人生を不幸にする安易なアパート建設に要注意!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ