「我々がルールだ」世界を牛耳る欧州の脱炭素戦略

1月20日のアメリカ政権交代と同時に
欧州の脱炭素戦略が加速しています。

経済クラブ会員はおなじみの通り、
欧州と言えばプロレス団体のお膝元。

バイデン大統領は言われた通りサインするだけの存在です。

今後、脱炭素戦略により、
どんな産業が厳しくなり、
どんな産業が伸びていくのか?

横森が解説します。

【音声内容】

・CO2削減はヨーロッパの意向通りになる
・大統領よりも格上の政治家
・炭素を出す産業はすべて課税対象で厳しくなる

・脱炭素政策で「恩恵」を得られる産業とは?
・「きこり」はこれから伸びる
・インフレ政策としてのCO2削減


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 富裕層になる『マインドセット』とは?

  2. イスラエル「ユダヤ人国家」に隠された真相 

  3. 『不平等』は富裕層の繁栄をもたらす理由

  4. 国税が海外口座情報を入手!あなたの資産保全は大丈夫?

  5. 株式投資の『罠』から回避する方法

  6. 『脱時間給』法案:将来求められる人材像とは?

  7. 虚偽・陰謀論がはびこる“新しいマスコミ”SNS

  8. 新NAFTA、日本経済への影響 

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 烏天狗
    • 2021年 4月 25日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ