「我々がルールだ」世界を牛耳る欧州の脱炭素戦略

1月20日のアメリカ政権交代と同時に
欧州の脱炭素戦略が加速しています。

経済クラブ会員はおなじみの通り、
欧州と言えばプロレス団体のお膝元。

バイデン大統領は言われた通りサインするだけの存在です。

今後、脱炭素戦略により、
どんな産業が厳しくなり、
どんな産業が伸びていくのか?

横森が解説します。

【音声内容】

・CO2削減はヨーロッパの意向通りになる
・大統領よりも格上の政治家
・炭素を出す産業はすべて課税対象で厳しくなる

・脱炭素政策で「恩恵」を得られる産業とは?
・「きこり」はこれから伸びる
・インフレ政策としてのCO2削減


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 令和時代の成功に必要な能力(つきたい仕事ランキング)

  2. 金利上昇で企業が連鎖破綻する危険な地域

  3. OPEC石油生産の減産合意がもたらす石油価格の行方とは?

  4. トランプ政権の政策シナリオライター(実名付き)

  5. 西側諸国に接近するインド外交にまつわる裏話

  6. 認知症高齢者が大株主になる日本の将来

  7. どうなる2019年!?米中関係

  8. 粉飾GDPの中国経済の実態

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 烏天狗
    • 2021年 4月 25日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ