虚偽・陰謀論がはびこる“新しいマスコミ”SNS

「新型コロナやワクチン関連の偽投稿を
1200万件以上削除した」という
米facebook社。

また、大統領選挙時に
「陰謀論」関連のコンテンツも
大量に削除されています。

何を以て虚偽情報となるのか?
それを判断するのは誰なのか?

SNSの実際について解説しました。

【音声内容】

・SNSで発信できない情報
・SNSとは新しいマスコミである
・ファクトチェック機能は「誰」の意向か?

・もう一つのSNSができる
・ゴイム化された情報で楽しむ人たち
・すでに情報はすべて監視されている


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 香港「逃亡犯条例」騒動の裏読み

  2. 量子コンピューターは仮想通貨を崩壊させるのか?

  3. 少子高齢化社会に終末医療の在り方

  4. NYSE、ナスダックが仮想通貨に接近する意味とは?

  5. 日本魂を忘れるな!

  6. 仮想通貨急落でもマイニング事業が儲かる訳

  7. フィリピン 外資規制変更による海外投資家への恩恵

  8. 【2021年総括】今年も1年間ありがとうございました!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ