本格的バブル崩壊のタイミング 世界経済は市場崩壊に耐えられるのか?

ビットコインや株価が急騰しています。

株価指標「CAPEレシオ」※だと、
1920年代終盤と1990年代終盤にしか
見られたことのない水準に達しています。
(英ファイナンシャルタイムズ)

※ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー氏が
 開発した景気循環調整後の株価指標

しかし、

「これはまだバブルではない」
と横森は言います。

経済クラブでは、以前から
大暴落について言及していますが
では、それはいつ来ると考えられるのか?

解説しました。

【音声内容】

・“今は”市場暴落に耐えられる

・今現在、株式は割安?

・本格的バブル崩壊のタイミング

・今はまだバブルではない


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 中国共産党の工作員が台湾総統になったら?

  2. 世界の9割、景気減速の現実

  3. 赤十字が現地仮想通貨の開発に着手!新通貨の方向性とは?

  4. 「仮想通貨の収益はバレない?」に要注意!

  5. 海外直接投資19%減から予測する世界経済

  6. IMFと世銀がブロックチェーンに乗り出した意味とは?

  7. 租税回避策の開示義務化で怪しい節税に要注意!

  8. どうなる2019年!?米中関係

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ