本格的バブル崩壊のタイミング 世界経済は市場崩壊に耐えられるのか?

ビットコインや株価が急騰しています。

株価指標「CAPEレシオ」※だと、
1920年代終盤と1990年代終盤にしか
見られたことのない水準に達しています。
(英ファイナンシャルタイムズ)

※ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー氏が
 開発した景気循環調整後の株価指標

しかし、

「これはまだバブルではない」
と横森は言います。

経済クラブでは、以前から
大暴落について言及していますが
では、それはいつ来ると考えられるのか?

解説しました。

【音声内容】

・“今は”市場暴落に耐えられる

・今現在、株式は割安?

・本格的バブル崩壊のタイミング

・今はまだバブルではない


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. イギリスがEU離脱する本当の理由

  2. 富裕層を完全把握する国税の包囲網

  3. 地方の最低賃金を上げると地方を滅ぼすワケ

  4. 日米貿易交渉の行方:TPPかFTAか?

  5. 中国の試練:中国はどう乗り越えるのか?

  6. 香港「逃亡犯条例」騒動の裏読み

  7. 英EU離脱後のEU破綻シナリオとは?

  8. 地政学リスクと石油相場の本当の関係性

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ