電通、過去最大赤字の“真の意味”… プロレス団体にまつわる裏話

電通グループは、最終損益が1595億円の赤字
と過去最大となりました。

プロレス団体の日本代表的存在として
担ってきた電通が危機的状況となっています。

直ちに経営破綻となる状況ではないですが
あの電通がこのような事態に陥ったのは
実は、裏側に上が仕掛けたある案件があったようです…

【音声内容】

・電通はプロレス日本支部?

・英広告大手イージス買収(4000億円)の真の意味

・電通レベルだと
 「コロナ」を知らなかった訳がない

・オリンピックの延期(中止)も分かっていたこと?

・電通は「バチカン」と同じ立ち位置

・日本企業は斜陽産業を買わされる!?

・日本支配構造の変化


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. どうなる日本の不動産?絶対に避けられない地価崩壊!

  2. 1946年の預金封鎖の現実

  3. 赤十字が現地仮想通貨の開発に着手!新通貨の方向性とは?

  4. 2024年新円切り替えで預金封鎖?国民管理体制の方向性

  5. 世銀がブロックチェーン債券を発行する意味

  6. 1000社に4700“兆”円もの負債を負わせる『GX』

  7. 米中軍:南シナ海の対立 VS 大西洋の合同演習

  8. 不動産サブリースの罠:騙された投資家が悪い? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ