電通、過去最大赤字の“真の意味”… プロレス団体にまつわる裏話

電通グループは、最終損益が1595億円の赤字
と過去最大となりました。

プロレス団体の日本代表的存在として
担ってきた電通が危機的状況となっています。

直ちに経営破綻となる状況ではないですが
あの電通がこのような事態に陥ったのは
実は、裏側に上が仕掛けたある案件があったようです…

【音声内容】

・電通はプロレス日本支部?

・英広告大手イージス買収(4000億円)の真の意味

・電通レベルだと
 「コロナ」を知らなかった訳がない

・オリンピックの延期(中止)も分かっていたこと?

・電通は「バチカン」と同じ立ち位置

・日本企業は斜陽産業を買わされる!?

・日本支配構造の変化


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 合法化で盛り上がる民泊ビジネスの落とし穴

  2. マネーロンダリング規制に潜む国際金融家の策略

  3. 史上最大規模の中国水害…投資家視点でチャンスを読み取る数字…

  4. ハイパーインフレが起こる?金融バブルの先に待っている恐怖の「カネ詰まり…

  5. 銀行法規制緩和 「窓口平日休み」の裏読み

  6. 少子高齢化社会に終末医療の在り方

  7. 次期CIA長官から見るトランプ政権の方向性

  8. 中国が米企業に報復しない痛い理由…米中戦争の開戦は延期?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ