フィリピンビジネスは狙い目?日系企業が増加中!

日系企業のフィリピン法人が
増加しています。

しかし、現状のフィリピンは、
コロナ対策優先で経済無視な状況です。

また、音声でも解説している通り、
外資規制による影響で、

「ビジネスが上手くいかないと日本人の責任となり、
成功するとフィリピン人に乗っ取られる」

という状況が発生する
構造となってしまっています。

果たして、フィリピンビジネスは
本当にポテンシャルがあるのでしょうか?

レストラン経営など、フィリピンでの
ビジネスを経験している横森が
フィリピンの可能性について解説します。

【音声内容】

・フィリピンのコロナ対策は「ひどい!」

・長期的に見るとフィリピンビジネスは狙い目?

・ラーメンの味を勝手に変える現地スタッフ

・横森のレストラン経営経験(オーナー泣かせ)

・フィリピン人のビジネス乗っ取り

・日本的ハイクオリティは不向き?

・フィリピンビジネス成功の条件


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ブロックチェーン人材の求人数で見える仮想通貨の未来

  2. 密かに世界金融を動かす国際金融機関とは?

  3. 賃金上昇に変化、インフレの日は近い日本

  4. 仮想通貨急落でもマイニング事業が儲かる訳

  5. 史上最大規模の中国水害…投資家視点でチャンスを読み取る数字…

  6. あなたの海外資産は国税にすべて把握されています

  7. パナマ文書から学ぶ絶対にやってはならない教訓

  8. 団塊の世代が80代を迎える2030年

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ