国税が海外口座情報を入手!あなたの資産保全は大丈夫?

国税庁は、日本の個人・法人が
海外に保有する約219万件の
口座情報を入手しました。

国税は、海外口座情報を入手していますので、

この音声でもお話している通り、
申告「義務」のある海外資産を
申告していなかった場合、逮捕となります。

また、申告していたとしても
今後、高確率で課税対象となると考えられます。
(しかも、高課税率で)

これからの資産保全の参考にお聞きください。

(もし、まだ申告していない場合は、
今からでも間に合いますので
すぐに申告しておきましょう)

【音声内容】

・残高1億円以上の口座が74万件

・「悪質」と判断される海外への資産逃れ

・日銀はインフレにしたくない

・中金持ちをやっつけろ!

・銀行預金が一番危険?

・1946年の預金封鎖に学ぶ資産保全


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『通貨の信用≠裏付け』 通貨の信用とは?

  2. 「日銀の死」がもたらす日本経済の最大リスク 

  3. 海外隠し資産、国税への正しい対処法

  4. 地方銀行の破綻に備えよ!

  5. イギリスEU離脱で恩恵を受ける国

  6. 航空業界の経営破綻がもたらす世界不況の波!

  7. 金利上昇で企業が連鎖破綻する危険な地域

  8. EU離脱によりイギリス金融街がより強固になる理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ