異常株価に学ぶファンダメンタルズ〜一般大衆にババを引かせる仕手筋〜

日経平均株価がおよそ30年ぶりの
高水準となる2万8000円台に回復しています。

しかし・・・

現在の日本経済をみると
業績は2019年より悪い状態です。

実態は2019年よりも悪いにも関わらず、
日経平均株価は30年ぶりの高水準…

これの意味することは何でしょうか?

また、とある自動車会社は、
1社で世界中の自動車会社の
時価総額を超えました。

PER1000倍超えです。

これの意味することは何でしょうか?

こうした数字の捉え方や
一般大衆にババを引かせる仕手筋の
動きについて横森が解説しました。

【音声内容】

・ファンダメンタルズが一番大事?

・「みんなが買うから買う」の落とし穴

・PERにだまされている?

・好業績時代の金融相場との違い

・テスラの時価総額がAmazonを超えた謎

・自社株買いで高くなっているGAFA

・金融相場が行き着く先とは…?

・機関投資家がハイテク株を買う心理

・テスラやハイテク株の裏で蠢くヘッジファンド

・一般大衆にババを引き当てさせる仕手筋の手口


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『日本の借金1000兆円はやっぱりウソでした』はやっぱり嘘でした

  2. 「5年以内に日本破綻」経済学巨匠が明言

  3. 密かに日本国債で『儲けている』外資とは?

  4. ドル連動の仮想通貨は国際通貨となるか?

  5. フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

  6. 未曾有の不況に喘ぐ海運業界に未来はあるか?

  7. 急成長する仮想通貨の貸出ビジネス

  8. ITを使わなければ企業は潰れる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ