なぜビル・ゲイツ氏は米国最大の農地保有者なのか

Microsoft社を創設した
ビル・ゲイツ氏。

彼は配偶者であるメリンダ氏とともに
米国最大の農地所有者となりました。

その広さはなんと
約26万9000エーカー(1000平方キロメートル超)
と桁外れです。

ビル・ゲイツ氏の農地所有が
いったい何を意味するのか
横森が解説しました。

【音声紹介】
・ビル・ゲイツは世界で1番当たる予言者!?
・ビル・ゲイツ「農地買え!」
・食料危機が起こる・・・?
・配給制になる・・・?
・配給を受けるための条件とは?
・COVID-19に秘められた意味のウワサ
・すべて偶然?それとも陰謀?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. BTC低迷の真実!なぜ中国は規制を強化するのか?

  2. 世界の紙幣がタンス預金に消える謎

  3. 金利上昇時代の隠された意図と対応策

  4. 世界貿易「スロートレード」時代とは? 

  5. アメリカを操る外交戦略家がみるトランプ政権

  6. 地銀が活用する私募投信のメリットとは? 

  7. 下落はじまる東南アジアの不動産市場

  8. お金の相談員に8割が騙されるワケ!

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • minatosuisan
    • 2021年 1月 24日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ