社会主義が崩壊した本当の理由

1989年ベルリンの壁崩壊、
1991年にソ連崩壊、

社会主義が崩れ去ってから
30年が経とうとしています。

なぜ、アメリカを中心とする資本主義陣営を
脅威に陥れるほど力を持っていた社会主義国は
衰えてしまったのでしょうか?

社会主義国をめぐる世界の動向を
横森が解説しました。

【音声内容】
・社会主義国はどのようにしてつくられたのか?
・潰されてしまった社会主義国
・レーニンの背後にいた組織とは?
・トロツキーと中国の関係とは?
・ベルリンの壁崩壊までの流れ
・ゴルバチョフの裏


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アメリカ法人税、大減税の効果とは?

  2. 老後資金、足りていますか?

  3. プロレス団体と繋がっているamazon創業者ジェフ・ベゾスの秘密

  4. 三菱UFJ銀行コインの秘密

  5. 年金に依存する国民は貧乏になる

  6. パナマ文書から学ぶ絶対にやってはならない教訓

  7. コロナよりヤバい!危機的な労働人口減少

  8. 農業ビジネスへ大手財閥が参入!食糧危機に備える方法とは?

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2021年 1月 20日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ