社会主義が崩壊した本当の理由

1989年ベルリンの壁崩壊、
1991年にソ連崩壊、

社会主義が崩れ去ってから
30年が経とうとしています。

なぜ、アメリカを中心とする資本主義陣営を
脅威に陥れるほど力を持っていた社会主義国は
衰えてしまったのでしょうか?

社会主義国をめぐる世界の動向を
横森が解説しました。

【音声内容】
・社会主義国はどのようにしてつくられたのか?
・潰されてしまった社会主義国
・レーニンの背後にいた組織とは?
・トロツキーと中国の関係とは?
・ベルリンの壁崩壊までの流れ
・ゴルバチョフの裏


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. イラン反政府デモの真相〜仕掛けられる中東の秘密 

  2. イラン通貨、1万分の1デノミ法可決!日本の未来は?

  3. 政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生…

  4. ダボス会議で語られたブロックチェーンの未来像

  5. 予言的中!慈善家ビルゲイツ氏の功績と近未来像

  6. 2020年どうなる? 通貨!

  7. 米企業の国外資金への課税強化が為替に影響を与えるワケ

  8. 家賃滞納急増!窮地に追い込まれるアパート経営の実態…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2021年 1月 20日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ