フィリピン大統領、米国に「ワクチンを提供しなければ軍事協定を終了する」

「最低でも2000万人分の
 ワクチンを提供しなければ
 軍事協定を終了する。
 アメリカ軍はフィリピンを
 離れらなければならなくなる」

フィリピンのドゥテルテ大統領の発言が
2020年12月27日に
フィリピンのマスメディアによって
伝えられました。

この軍事協定とは、
アメリカとフィリピンが1998年に結んだ
訪問軍地位協定(VFA)のこと。

フィリピン大統領のこの発言が
どのような意味を持つのか
横森が解説しました。

【音声内容】
・世界中の政治家がワクチンを欲している
・経済を優先するとワクチンが必要
・ワクチンとはいったい何か?
・規制されていく海外渡航
・世界中で起こる洗脳


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 【サバイバル】倒産急増の観光地を買うべき理由

  2. 米国テーパリングの次なる動き 最大500兆円分の証券が売られたらどうな…

  3. プロレス系金融最大手がビットコインを意図的に下げる理由…

  4. いつの間にか国有化された日本企業

  5. 適正にリスクを判断して保険で損しない方法

  6. 危ういICOの錬金術

  7. デフォルト予想ランキング1位はこの国!

  8. 国が狙う休眠預金の没収

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ