フィリピン大統領、米国に「ワクチンを提供しなければ軍事協定を終了する」

「最低でも2000万人分の
 ワクチンを提供しなければ
 軍事協定を終了する。
 アメリカ軍はフィリピンを
 離れらなければならなくなる」

フィリピンのドゥテルテ大統領の発言が
2020年12月27日に
フィリピンのマスメディアによって
伝えられました。

この軍事協定とは、
アメリカとフィリピンが1998年に結んだ
訪問軍地位協定(VFA)のこと。

フィリピン大統領のこの発言が
どのような意味を持つのか
横森が解説しました。

【音声内容】
・世界中の政治家がワクチンを欲している
・経済を優先するとワクチンが必要
・ワクチンとはいったい何か?
・規制されていく海外渡航
・世界中で起こる洗脳


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 英銀次期総裁がビットコイン忠告の裏読み

  2. 国債暴落?「節税保険」解約ラッシュ、保険会社の経営悪化が生む波紋

  3. 米輸出解禁が原油高をもたらすカラクリ!?

  4. 租税回避策の開示義務化で怪しい節税に要注意!

  5. 世界支配層に反旗を翻すフィリピンの行方

  6. アメリカでTikTokが禁止される裏事情…分断された情報統…

  7. 通貨暴落に苦しむイラン、チャンスの投資家

  8. 東京オリンピック後に起きるもう一つの危機とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ