中共的管理社会を目指す世界(EUと中国の投資協定合意で読み取れる未来とは?)

2020年12月30日。

1年が終わろうとしている時に
交渉開始から約7年の時間を経て
ようやくEUと中国が
投資協定で基本合意しました。

この協定、中国には
日米欧の「対中包囲網」を
阻止する狙いもあると言われています。

この記事、扱いは小さいですが
その意味するところは大きなものがあります。

この締結交渉が
どのような意味を持つのか
横森が解説しました。

【音声内容】
・EUと中国のプロレス
・軍艦の派遣は茶番
・習近平は手術のはずなのに会議に出席している?
・プロレス団体がつくりたい中共的管理社会


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国際刑事裁の脱退、フィリピン外交の行方

  2. 愚策となるタックスヘイブンへの租税回避策

  3. 日本人が外国人労働者を活用するコツとは?

  4. 海外日本食ブームで成功できる!に要注意です

  5. メキシコ大規模ストライキを仕掛ける裏勢力

  6. 日銀、物価上昇率2%の『偽』目標

  7. トルコがNATO離脱?世界の勢力図に異変が起きている!

  8. 富裕層も貧乏人。全階級で年収減する貧困社会へ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ