第451回収録 2021年、金融緩和で最後のバブルが起きる年?

第451回収録 2021年、金融緩和で最後のバブルが起きる年?

音声ダウンロード(MP3) [1月4日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 第279回収録 『緊急セミナー』8月7日(日)大阪追加講演

  2. 第359回収録 軽井沢セミナーを終えて

  3. 第450回収録 冬のボーナス半減!賃金低下は大恐慌の始まり?

  4. 質問1203 なぜグレートリセットに反対する政治家はいないのか?

  5. 質問1149 500万人失業時代に人体で稼ぐ!?近未来のベーシッ…

  6. 質問962 海外投資の最も重要な判断基準とは? 

  7. 【投資 第192話】次世代のことを考えて投資をしろ!

  8. 第384回収録 ビットコイン急騰!今後の仮想通貨相場は?

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2021年 1月 05日

    バイデン当選?
    トランプ当選ならダボス会議どころではないのでは~。
    藤原先生、吉田繁治先生の予測と横森さんの言ってることはかなり違う。
    横森さん、ごまかしてない、逃げてない?
    あのユダヤの映画予告を、なんと日本の漫画映画「えんとつ町のプペル」がやっていた。
    それも、アメリカ民主派の主張どおり、現行の金融制度、銀行、資産家を非難し、さらに「目を覚ませ、煙の向こうの真実を見よう!」とユダヤのマトリックスからの解放・離脱をいっていた。
    この日本ですら、陰ではアメリカ民主派が動いていたんですよ。

    とてもじゃないが、トランプが横森さんの言うただのプロレスラーとは思えません。

    藤原説ではトランプドルがでて、ユダヤの資金源であるFRBと旧ドルは無価値化。
    吉田先生曰く、米国債は○○勘定でアメリカFRBの完全補足・管理のため、中国保持分はゼロにできるとか。
    これで陰の世界政府の資金源もどうなりますかね。

    ユダヤの予言も、自分たちが影で好き放題できるからできた、当たっただけで、民主派のような反対派がでてきたらわからない。
    ごまかしてにげるだけ。
    あのエコノミストのスロットもすべてはずれです。
    陰の世界政府の全貌をトランプに暴露されたらどうなります?
    おひまなダボス会議なんかやってるより、早く逃げるべきですよ。
    私なら、全資産をゴールドに変えますね。
    旧ドル、株、債券は紙切れになるかも。
    不動産も適正価格になる。

    なんにせよおもしろくなってきました。
    現行のエセ資本主義の命日になるか?
    それとも横森説どおりのプロレスショーになるか?

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ