中国で停電が相次ぐ そのワケは?

中国南部の浙江省、湖南省、江西省では
停電が起きています。

それだけでなく
電気の使用制限も発表され、
公共施設では
気温が3度以下になった時のみ使用可能、
設定温度は16度以下と指定されています。

工業生産の回復と
寒波の影響で
電力消費量が予想を超えたため
と報道されていますが、
はたして実際はどうでしょうか?

横森が音声で解説しました。

【音声内容】
・この報道の真偽
・オーストラリアの輸送船が荷揚げできない状況?
・オーストラリアの石炭は質がいい
・中国の銀行はお金がない?
・中国は輸出がうまくいかずに困っている?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 家賃滞納急増!窮地に追い込まれるアパート経営の実態…

  2. 世界の紙幣がタンス預金に消える謎

  3. 中央銀行デジタル通貨の近未来

  4. 中国の爆買いバブルは崩壊?

  5. 中国、原油先物上場がもたらす世界原油価格への影響

  6. トランプの閣僚人事で見る未来予想図

  7. 合法化で盛り上がる民泊ビジネスの落とし穴

  8. IT投資不足、AIビジネスに日本は乗り遅れる?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ