第449回収録 昭和バブル、平成不況、令和リセット… 2030年をどう生きる?

第449回収録 昭和バブル、平成不況、令和リセット… 2030年をどう生きる?

音声ダウンロード(MP3) [12月11日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 第348回収録 アメリカのアジア外交の行方

  2. 2020プロレスーシナリオ説明会 2/15 – 会員限定申…

  3. 質問830 フィリピンカジノは事業としての可能性

  4. 第408回収録 2020年どうなる?世界経済!

  5. 質問965 仮想通貨、投機対象か?隠された落とし穴

  6. 質問939 サラリーマンのための老後対策

  7. 第296回収録 保護主義へ向かうアメリカと世界経済の行方

  8. 質問936 トランプ政権、アジア外交の狙い

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • kyh
    • 2020年 12月 16日

    昭和はそうでしたよね。

    我々の親の世代、昭和一桁以上の人々は
    地獄の戦争・戦後を生き抜いて、
    昭和30年代、40年代は右肩上がり。
    家庭に徐々にテレビが入り、洗濯機、冷蔵庫、電気炊飯器、
    ガス風呂、マイカーが入り、その後もテレビがカラー化して
    エアコンも入り、トイレも水洗になったりと、
    どんどん生活がよくなるという、夢と希望に溢れた時代でした。

    平成からは携帯電話が普及し、インターネットが
    一般化しましたが、生活全般に及ぶ昭和の戦後の激変、
    しかも希望に満ちた大きな潮流を見られたのは
    面白かったですね。

    明日は今日よりよくなるのが決まっていました。

    今は、明日がどうなるか分からない。

    経済的にであれ気持ち的にであれ、
    右肩上がりの世の中にしたいものですね。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ