新車、全て電動車に 30年代半ば目標

2030年代、
世界中のあらゆる国で
ガソリン車が廃止され
全て電気自動車となってしまいます。

事実、
イギリス、フランス、
カナダのケベック州、
アメリカのカルフォニア州などが
ガソリン車の販売を禁止することを表明。

これにより、
経済に非常に大きな影響が出ることが
予想されます。

自動車産業と大きな経済の流れについて
横森が解説しました!

【音声内容】
・ガソリン車で問題がないのに電気自動車に移行する理由
・現在の電気自動車の性能とは?
・日本の自動車産業が危機に陥る!?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 虚偽・陰謀論がはびこる“新しいマスコミ”SNS

  2. 富裕層を完全把握する国税の包囲網

  3. 日本健全論者の盲点

  4. 金融機関の連鎖破綻?異次元緩和の副作用

  5. 合理的思考の20代若者と日本の暗い未来

  6. 韓国の韓進海運の破たんから見る『ある』特殊事情

  7. 質問862 新円切替でも対象外の硬貨は破綻対策になるか?

  8. 子供達の夢「ユーチューバー」のススメ 

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • minatosuisan
    • 2020年 12月 12日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ