新車、全て電動車に 30年代半ば目標

2030年代、
世界中のあらゆる国で
ガソリン車が廃止され
全て電気自動車となってしまいます。

事実、
イギリス、フランス、
カナダのケベック州、
アメリカのカルフォニア州などが
ガソリン車の販売を禁止することを表明。

これにより、
経済に非常に大きな影響が出ることが
予想されます。

自動車産業と大きな経済の流れについて
横森が解説しました!

【音声内容】
・ガソリン車で問題がないのに電気自動車に移行する理由
・現在の電気自動車の性能とは?
・日本の自動車産業が危機に陥る!?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

  2. 租税回避策の開示義務化で怪しい節税に要注意!

  3. EUデジタル通貨規制案の本当の狙い!最強の仮想通貨とは?

  4. 経済特区に新規参入する成功法

  5. イギリスがEU離脱する本当の理由

  6. 日銀の株買い6.5兆円の恐怖

  7. フィリピン不動産:手抜き工事の見極め方

  8. 大手金融商品、一夜で96%暴落!

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • minatosuisan
    • 2020年 12月 12日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ