英金融のEU市場が分断危機!来年早々、金融大混乱の不吉な予感

イギリスの銀行や金融会社にEU単一市場への
アクセス維持を認めるかどうかに関する評価が、
来年1月1日までに完了しない見通しです。

イギリスは離脱後の移行期間が終了する
年末までEU市場への自由なアクセスが認められていますが、
来年1月1日時点で評価が完了していなければ、同国にとって
最大の輸出市場へのアクセスが閉ざされます。

EUとイギリスの金融で混乱をもたらすなど
新年早々、不吉な予感がします。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. キャッシュレス社会 vs 低所得者層

  2. 国債先物取引:海外勢54%、海外投資家の真の狙いとは?

  3. 米・トルコ 対立軸の裏側

  4. 緊急使用許可の新型コロナワクチン!本当の目的とプロレスの背景とは?

  5. 未曾有の不況に喘ぐ海運業界に未来はあるか?

  6. 米中貿易戦争で恩恵を受ける国 

  7. 国税に筒抜けの海外口座40万件

  8. 「円安は景気にいい」は嘘!? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ