預金急増、融資滞る。米銀に起きる異変とは?

米銀が証券投資に傾斜しています。

米商業銀大手4行は2020年に入って
証券投資などに約1兆2千億ドル
(125兆円)を回しました。

新型コロナウイルス禍で預金が
急増した一方、貸出先が減りました。

貸出先がない金融機関にとって
今後のアメリカ経済の行方について
考えました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 5ヶ月で1070億円荒稼ぎをしたゴールドマンサックス(プロレス系)の秘…

  2. ミャンマー軍事クーデター発生 アウンサンスーチーの正体

  3. 香港ドルの通貨発行権 米中覇権争いの行方とは?

  4. インド タンス預金の焙りだし政策

  5. 「中国経済崩壊、秒読み」は本当か?

  6. ハーバード大、人類の70%が新型コロナ感染の真相!

  7. 習近平は悪か?正義か?中国にしか出来ないクレイジー国家戦略

  8. 生命保険の正しい選び方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ