アジア世界最大の自由貿易圏の誕生の裏側(プロレス的に解説!)

日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)
加盟国など15カ国は15日、東アジア地域包括的
経済連携(RCEP)協定に署名しました。

ここにはアメリカ、イギリスは加盟しない
世界最大の自由貿易圏が誕生したことになります。

なぜ今なのでしょうか?

ここには深いワケがありました…


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 生命保険の正しい選び方

  2. キャッシュレス社会の世界とは?

  3. クルド自治政府の独立運動を阻止したい欧米

  4. 中国、金融外資の参入による影響

  5. ICO詐欺、不正横行:裏で仕掛けられる実験とは?

  6. 次期CIA長官から見るトランプ政権の方向性

  7. 金融機関の連鎖破綻?異次元緩和の副作用

  8. アジアで拡がる商用不動産の変化

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 厚子 渡辺
    • 2020年 11月 20日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ