アジア世界最大の自由貿易圏の誕生の裏側(プロレス的に解説!)

日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)
加盟国など15カ国は15日、東アジア地域包括的
経済連携(RCEP)協定に署名しました。

ここにはアメリカ、イギリスは加盟しない
世界最大の自由貿易圏が誕生したことになります。

なぜ今なのでしょうか?

ここには深いワケがありました…


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 米、ミャンマー制裁の裏読み

  2. マンション契約率悪化!不動産バブル崩壊の前兆か?

  3. 外国投資が半減!フィリピン経済の行方

  4. 日本の『高齢者人口減少』時代の暗い未来

  5. 家政婦は国際送金革命家

  6. 景気を上げるには金利を上げろ!

  7. ドイツ銀行が破綻する爆弾訴訟リスク

  8. ドイツ銀行破綻の新シナリオ

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 厚子 渡辺
    • 2020年 11月 20日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ