「現金は紙くず」上場企業がビットコインに賭ける時代

潤沢な資金がある米IT上場企業が
純資産の半分をビットコインに投じました。

同社は「現金は紙くず」と判断し、ビットコインかけたと発表。
株価も上昇することがおきました。

インフレヘッジとして上場企業が暗号資産に
投じる時代となりましたが、今後のビットコイン、暗号資産
について横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 米大手企業でワクチン義務化

  2. 赤十字が現地仮想通貨の開発に着手!新通貨の方向性とは?

  3. ゴミ金融商品の評価指標は顧客本位になるのか?

  4. ビットコインに手を出すな!?

  5. 英金融のEU市場が分断危機!来年早々、金融大混乱の不吉な予感

  6. 波乱の資本主義社会への近未来予測

  7. 人民元国際化が立ち往生した理由

  8. 儲かっていますか?究極の節税法を暴露します!

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • エイジ
    • 2020年 11月 14日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ