「現金は紙くず」上場企業がビットコインに賭ける時代

潤沢な資金がある米IT上場企業が
純資産の半分をビットコインに投じました。

同社は「現金は紙くず」と判断し、ビットコインかけたと発表。
株価も上昇することがおきました。

インフレヘッジとして上場企業が暗号資産に
投じる時代となりましたが、今後のビットコイン、暗号資産
について横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. OPEC減産合意からみる未来のシナリオ 

  2. ITを使わなければ企業は潰れる

  3. IT投資不足、AIビジネスに日本は乗り遅れる?

  4. 安倍首相:フィリピン1兆円の経済支援は最良の判断か?

  5. 中国の試練:中国はどう乗り越えるのか?

  6. 香港、資金規制:裏金の話

  7. 海外隠し資産、国税への正しい対処法

  8. 急成長する仮想通貨の貸出ビジネス

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • エイジ
    • 2020年 11月 14日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ