外貨を稼げなくなった東南アジアの国家破綻シナリオを考える

東南アジアで新型コロナウイルスの感染者が
再び増え、2020年のマイナス成長が
拡大する懸念が出てきました。

外貨が稼げなくなった新興国は
財政面で窮地に立たされ、
東南アジアの国家破綻となる
可能性があります。

東南アジアの国家破綻シナリオ
について考えました。

【音声内容】
・フィリピンが直面する財政難の現実
・経済が戻らないフィリピンの根深い問題
・東南アジアの国がインフレになる理由
・アジア国家破綻シナリオ…


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 「1万円の発行残高過去最高」の裏読み

  2. 日本円か紙くずとなる日への心構え

  3. 世界で増加する企業格下げ、今年の秋は要注意!?

  4. 世界不況時の割安株は株の買い時か? 

  5. 脱原発で恩恵を受ける産業

  6. 富裕層に大人気!大恐慌、コロナ鎖国時代で密かに海外に逃げる方法

  7. コロナ禍でも強いロシアが仕掛けるイスラエル戦争の真相

  8. 国際金融の新規制「バーゼル3」が世界経済に与える影響

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ