トルコが第3次世界大戦へと駆り立てる危険な内情

アゼルバイジャンとアルメニアの
係争地ナゴルノカラバフをめぐり
軍事衝突が起きています。

アゼルバイジャンを支援するトルコでは
経済不況により不満が高まる国民には
海外の敵に目を向けさせまとめたい。

紛争に駆り立てるトルコは次第に
周辺国に戦争を仕掛ける可能性があり
中長期的観点から横森が解説しました!

【音声内容】
・トルコがアゼルバイジャンを支援する理由
・経済が悪化すると権力者が好む『ある』行動…
・トルコがアルメニアの後に狙う国とは?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. すでに財務省が日本破綻を恐れている実態

  2. 大不祥事企業をバフェットが買い増す理由

  3. トランプ政権によるTPP離脱後の仕掛けとは?

  4. ロボットより能力ありますか?

  5. 石油暴落を目論むロシア!プロレス団体への逆襲!?

  6. 福祉国家の理想は諦めなさい!

  7. 静かに忍び寄る団塊世代の貧困時代

  8. 日本で起きる大量失業時代

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ