定年後も住宅ローン返済する…衰退期への持ち家の対処方法!

定年退職後も住宅ローンを返済し続ける
高齢者が増えています。

住宅ローンの完済年齢が平均73歳。

70歳まで雇用が継続されても年金生活は
不安定になり貸し手も借り手も老後リスクを
抱えることになりそうです。

【音声内容】
・人生を束縛する持ち家
・老後計画しない日本人の恐怖
・持ち家を手放して高収入になる方法


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 金融にかけるバフェット、真の狙いとは?

  2. 算命学が占う2016年の日中韓の運勢

  3. ソフトランディング政策を解禁した中国の先行き

  4. 誹謗中傷が好きな中高年はどう生きればいいのか? 

  5. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

  6. あなたの海外資産は国税にすべて把握されています

  7. 大手マイニング事業撤退!でも個人が勝てる理由

  8. 外国人労働者受け入れの落とし穴

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ