深刻な商業施設の廃墟化!変革求められる小売事業の生き残り方

ショッピングモールの「空洞化」が急速に進んでいます。

全国2800ヵ所の商業施設の1〜6月の
テナント数は1140店減少となりました。

特に厳しいのがアパレル、飲食業ですが
消費行動が激変したコロナ時代での
生き残り方について横森が解説しました!

【音声内容】
・商業施設「空洞化」がもたらす経済破壊
・不動産は都市から崩壊する!?
・消費行動が変わる時代…小売業に求められる変革


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 世界のキャッシュレス化から見る通貨の未来

  2. 横森一輝が読み解く激動2017年世界経済予測セミナー

  3. ITを使わなければ企業は潰れる

  4. 海外事業で成功するための『アムンゼン南極冒険の法則』

  5. 史上最高値の金相場!大衆が加熱するゴールドに要注意!

  6. サラリーマン大家がババを掴む理由

  7. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  8. 合理的思考の20代若者と日本の暗い未来

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ