政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生きる?

政府は来年にも個人のマイナンバーと
預貯金口座を連動させるようです。

デジタル化推進のためには
マイナンバー普及が鍵となります。

日本人がマイナンバー管理させることで
勝者と敗者が生まれます。

今後訪れる超管理社会像について横森が
解説しました!

【音声内容】
・政府デジタル化推進の目的とは?
・超管理社会がもたらす勝者と敗者
・日本人が評価される『社会適正』スコア


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 「中国経済崩壊、秒読み」は本当か?

  2. 金利上昇時代の隠された意図と対応策

  3. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

  4. 『失敗しない人生』は幸福か不幸か?

  5. イギリスがEU離脱する本当の理由

  6. 高成長が期待できるインド:現地の生情報

  7. マイナス金利政策 真の狙いとは?

  8. 5ヶ月で1070億円荒稼ぎをしたゴールドマンサックス(プロレス系)の秘…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 10月 02日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • PHENIX
    • 2020年 10月 02日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ