政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生きる?

政府は来年にも個人のマイナンバーと
預貯金口座を連動させるようです。

デジタル化推進のためには
マイナンバー普及が鍵となります。

日本人がマイナンバー管理させることで
勝者と敗者が生まれます。

今後訪れる超管理社会像について横森が
解説しました!

【音声内容】
・政府デジタル化推進の目的とは?
・超管理社会がもたらす勝者と敗者
・日本人が評価される『社会適正』スコア


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. フィリピン不動産:手抜き工事の見極め方

  2. 人工知能は投資必勝法を確立できるのか?

  3. 仮想通貨が導く未来、世界の流れから遅れる日本人

  4. 新型コロナウィルス予防ワクチン完成!ワクチン開発の裏事情

  5. リスク回避の円高は続くのか?

  6. 石油メジャー:石油取引ブロックチェーン連合の結成の意味!

  7. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

  8. サウジ沖のイランタンカー攻撃:中東戦争への仕掛け?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 10月 02日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • PHENIX
    • 2020年 10月 02日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ