政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生きる?

政府は来年にも個人のマイナンバーと
預貯金口座を連動させるようです。

デジタル化推進のためには
マイナンバー普及が鍵となります。

日本人がマイナンバー管理させることで
勝者と敗者が生まれます。

今後訪れる超管理社会像について横森が
解説しました!

【音声内容】
・政府デジタル化推進の目的とは?
・超管理社会がもたらす勝者と敗者
・日本人が評価される『社会適正』スコア


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 中国大気汚染が世界インフレを招く

  2. 金融にかけるバフェット、真の狙いとは?

  3. 海外隠し資産、国税への正しい対処法

  4. 南シナ海仲裁裁判 今後の中国の行方は?

  5. ベトナム首相失脚:今後の経済発展はあるのか?

  6. 債務不履行の会社が倍増 新型コロナウィルスの影響で

  7. 富裕層になる『マインドセット』とは?

  8. 香港「逃亡犯条例」騒動の裏読み

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 10月 02日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • PHENIX
    • 2020年 10月 02日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ