イギリスがEUを激怒!英連邦の新経済圏の行方とEUに未来はあるか?

欧州連合(EU)は英国に対し、EU離脱協定を
一部条項を実質的に無効化する「国内市場法案」を
撤回するよう求めました。ジョンソン英政権は
これを拒否し、計画を進め方針です。

つまり、イギリスとEUとの大喧嘩が
どのような影響をもたらすのか?

【音声内容】
・EUが都合のいいイギリスに激怒した理由
・イギリスはEU離脱ではなく強行離脱する?
・EUではない新しい英連邦の経済圏とは?
・なぜフランスは英EU離脱で困るのか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 外国投資が半減!フィリピン経済の行方

  2. バフェット流「割安株投資」は通用しない!? 

  3. 日銀、物価上昇率2%の『偽』目標

  4. 石油業界の「勝者」「敗者」で見極める世界支配構造

  5. 東京タワマン1億円→1円に暴落の可能性

  6. 香港の不動産バブル崩壊?金利上昇が与える影響 

  7. 政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生…

  8. 年間2兆6000億円の損失する『赤字』都市とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ