イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

トランプ米大統領は11日、イスラエルとバーレーンが
国交正常化に合意したと発表しました。

イスラエルと国交を樹立するアラブ諸国は
アラブ首長国連邦(UAE)に続き4カ国目。

イスラエルとアラブが共通の脅威とみなす
イランへの対抗に向けて連携を加速していますが
今後の中東情勢のシナリオについて横森が解説!

【音声内容】

・イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情
・大統領選はトランプの勝利説が有力になる?
・中東戦争シナリオに向けたプロレス戦略


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ブラジル財政の非常事態宣言によるオリンピック開催危機

  2. ゴールドより値上がりが期待できる『ある』資源とは?

  3. 粉飾GDPの中国経済の実態

  4. 「仮想通貨の収益はバレない?」に要注意!

  5. 日本人がプライバシーを失う日

  6. 米中貿易戦争の真の勝者

  7. トルコ軍のシリア侵攻:米露の裏にある本当のシナリオとは?

  8. 日本人ギャンブル依存症70万人の嘘

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ