イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

トランプ米大統領は11日、イスラエルとバーレーンが
国交正常化に合意したと発表しました。

イスラエルと国交を樹立するアラブ諸国は
アラブ首長国連邦(UAE)に続き4カ国目。

イスラエルとアラブが共通の脅威とみなす
イランへの対抗に向けて連携を加速していますが
今後の中東情勢のシナリオについて横森が解説!

【音声内容】

・イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情
・大統領選はトランプの勝利説が有力になる?
・中東戦争シナリオに向けたプロレス戦略


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アジアを動かす『ある』団体の正体

  2. キャッシュレス社会の世界とは?

  3. 外国人労働者受け入れで日本復活?

  4. 年金破綻であなたができることはあるのか?

  5. 緊急使用許可の新型コロナワクチン!本当の目的とプロレスの背景とは?

  6. アメリカ法人税、大減税の効果とは?

  7. 監視社会のススメ!プライバシーなしが心地よい?

  8. 2016年の世界経済を左右するたった一つのポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ