イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

トランプ米大統領は11日、イスラエルとバーレーンが
国交正常化に合意したと発表しました。

イスラエルと国交を樹立するアラブ諸国は
アラブ首長国連邦(UAE)に続き4カ国目。

イスラエルとアラブが共通の脅威とみなす
イランへの対抗に向けて連携を加速していますが
今後の中東情勢のシナリオについて横森が解説!

【音声内容】

・イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情
・大統領選はトランプの勝利説が有力になる?
・中東戦争シナリオに向けたプロレス戦略


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

  2. 地震発生メカニズムの新仮説に注目すべき理由

  3. イスラエル「ユダヤ人国家」に隠された真相 

  4. すでに財務省が日本破綻を恐れている実態

  5. 日本が海外から投資されるための条件

  6. 首都圏直下型地震で壊滅する日本

  7. インド:不正資金取締の裏側

  8. パナマ文書に怯える日本の富裕層

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ