中国が米企業に報復しない痛い理由…米中戦争の開戦は延期?

アメリカはファーウェイ、バイトダンス、
テンセントと中国のテック大手を
標的に厳しい措置を発表した。

しかし中国政府は、中国で事業を営む
米国企業に報復的な規制をかけようとはしない。

中国の国益を考えれば米企業に
報復できない事業があります。

米中対立の行方について横森が
解説しました!

【音声内容】
・中国が米企業に報復できない痛い理由
・戦争の準備がととなわない中国の弱み
・中国が南シナ海のミサイル発射した裏の目的…
・米中戦争の開戦時期…横森が予測


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 世界の紙幣がタンス預金に消える謎

  2. 日本ではなく海外で稼げ!

  3. 『麻薬密売人を虐殺』する新フィリピン大統領への期待

  4. 南米債権、「プロレス」から見るデフォルトの方向性

  5. 来るべき食料高騰の兆し?「収穫したくてもできない…」農業の実情

  6. 米、パキスタンに「同盟剥奪」に関わる裏話

  7. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

  8. 安倍首相:フィリピン1兆円の経済支援は最良の判断か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ