中国が米企業に報復しない痛い理由…米中戦争の開戦は延期?

アメリカはファーウェイ、バイトダンス、
テンセントと中国のテック大手を
標的に厳しい措置を発表した。

しかし中国政府は、中国で事業を営む
米国企業に報復的な規制をかけようとはしない。

中国の国益を考えれば米企業に
報復できない事業があります。

米中対立の行方について横森が
解説しました!

【音声内容】
・中国が米企業に報復できない痛い理由
・戦争の準備がととなわない中国の弱み
・中国が南シナ海のミサイル発射した裏の目的…
・米中戦争の開戦時期…横森が予測


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. キャッシュレス社会 vs 低所得者層

  2. 金よりビットコイン!米若い投資家が支持する仮想通貨の未来とは?

  3. 老人貧困率9割社会から身を守る方法

  4. 円高の原因は『安全資産』という嘘!

  5. インド:不正資金取締の裏側

  6. マイナス金利で引き起こされるバブルとは?

  7. 世界中で紛争勃発か?米軍撤退とイスラム過激派

  8. 超高級不動産の暴落から見るベンチャー市場

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. グレートリセット2023

アーカイブページ