中国が米企業に報復しない痛い理由…米中戦争の開戦は延期?

アメリカはファーウェイ、バイトダンス、
テンセントと中国のテック大手を
標的に厳しい措置を発表した。

しかし中国政府は、中国で事業を営む
米国企業に報復的な規制をかけようとはしない。

中国の国益を考えれば米企業に
報復できない事業があります。

米中対立の行方について横森が
解説しました!

【音声内容】
・中国が米企業に報復できない痛い理由
・戦争の準備がととなわない中国の弱み
・中国が南シナ海のミサイル発射した裏の目的…
・米中戦争の開戦時期…横森が予測


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日本で起きる大量失業時代

  2. 金融緩和を支持する日本人は愚民である

  3. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

  4. インド裏金撲滅で暴落する相場とは?

  5. 親中vs反中、中国に迫られる新興国債務の対応

  6. 債務不履行の会社が倍増 新型コロナウィルスの影響で

  7. 忍び寄るインフレの恐怖

  8. 年金破綻であなたができることはあるのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ