不動産の投げ売りが始まる?コロナ時代の新しい不動産運用とは?

新型コロナウイルスによって
不動産がどう動くのか?

リモートワーク、ソーシャルディスタンスなど
「新しい生活様式」が徹底される中
人々の住み方も変化が見られます。

不動産が投げ売りされる地域が出たりと
今後の先行きが思いやられます。

コロナ時代の新しい不動産運用法について
横森が解説しました!

【音声内容】
・団塊世代の住宅不動産が投げ売りになる理由
・投げ売り物件を資産運用する方法
・不労所得にならない…騙されたサラリーマン大家たち
・都心がゴーストタウンになる厳しすぎる現実
・コロナ時代の新しい不動産運用を考えよ!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ドル連動の仮想通貨は国際通貨となるか?

  2. 『腹黒い』仮想通貨取引所の実態

  3. 日本もVパスポート導入へ!打たないと生活できなくなる?

  4. アメリカ現代貨幣理論の支持拡大がもたらす未来

  5. 『脱時間給』法案:将来求められる人材像とは?

  6. 日本人が外国人労働者を活用するコツとは?

  7. 外国投資が半減!フィリピン経済の行方

  8. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • minatosuisan
    • 2020年 9月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ