農業ビジネスへ大手財閥が参入!食糧危機に備える方法とは?

三菱地所は大規模農業に本格参入する。

最先端のIT(情報技術)と安定供給の
ノウハウを取り込み効率性を高めた
施設型農業は成長が続くとみている。

将来の食糧危機を見据えたの大手の
農業ビジネスの参入なのか?

横森が解説しました!

【音声内容】
・なぜ大手財閥が農業ビジネスに参入するのか?
・近い将来、食糧危機は起こるこれだけの理由
・大洪水の後に襲う恐ろしい自然災害とは?
・将来の食糧危機に備える方法


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 中国依存の世界経済は新型コロナで崩壊?

  2. 「人生100年時代」の老後、考えていますか?

  3. 日本人ギャンブル依存症70万人の嘘

  4. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  5. 新型コロナウィルス予防ワクチン完成!ワクチン開発の裏事情

  6. 期待されるフィリピンの未来

  7. 買っていい投資信託

  8. 「滅びる日本」であなたがやるべきこと!

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 8月 23日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ