農業ビジネスへ大手財閥が参入!食糧危機に備える方法とは?

三菱地所は大規模農業に本格参入する。

最先端のIT(情報技術)と安定供給の
ノウハウを取り込み効率性を高めた
施設型農業は成長が続くとみている。

将来の食糧危機を見据えたの大手の
農業ビジネスの参入なのか?

横森が解説しました!

【音声内容】
・なぜ大手財閥が農業ビジネスに参入するのか?
・近い将来、食糧危機は起こるこれだけの理由
・大洪水の後に襲う恐ろしい自然災害とは?
・将来の食糧危機に備える方法


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. プロレス大統領トランプ SNSアカウント永久凍結が持つ意味とは?

  2. 波乱の資本主義社会への近未来予測

  3. 大卒を求める工場労働者!最新アメリカ雇用事情とは?

  4. 「先行き不安」でタンス預金する馬鹿げた富裕層

  5. 世界一のワクチン医師・ビルゲイツに纏わる「陰謀論 vs 事実論」とは?…

  6. 「5年以内に日本破綻」経済学巨匠が明言

  7. 金インフレヘッジ信仰の嘘

  8. フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 8月 23日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ