農業ビジネスへ大手財閥が参入!食糧危機に備える方法とは?

三菱地所は大規模農業に本格参入する。

最先端のIT(情報技術)と安定供給の
ノウハウを取り込み効率性を高めた
施設型農業は成長が続くとみている。

将来の食糧危機を見据えたの大手の
農業ビジネスの参入なのか?

横森が解説しました!

【音声内容】
・なぜ大手財閥が農業ビジネスに参入するのか?
・近い将来、食糧危機は起こるこれだけの理由
・大洪水の後に襲う恐ろしい自然災害とは?
・将来の食糧危機に備える方法


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国際金融の新規制「バーゼル3」が世界経済に与える影響

  2. 日本経済の限界はいつくるのか?

  3. 安倍首相のゴルフ外交、『親密』日米関係の行方

  4. 米、ミャンマー制裁の裏読み

  5. 次のパンデミックは想像を絶するものに!?散りばめられているヒント達

  6. 赤十字が現地仮想通貨の開発に着手!新通貨の方向性とは?

  7. 『通貨の信用≠裏付け』 通貨の信用とは?

  8. 新NAFTA、日本経済への影響 

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 8月 23日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ