農業ビジネスへ大手財閥が参入!食糧危機に備える方法とは?

三菱地所は大規模農業に本格参入する。

最先端のIT(情報技術)と安定供給の
ノウハウを取り込み効率性を高めた
施設型農業は成長が続くとみている。

将来の食糧危機を見据えたの大手の
農業ビジネスの参入なのか?

横森が解説しました!

【音声内容】
・なぜ大手財閥が農業ビジネスに参入するのか?
・近い将来、食糧危機は起こるこれだけの理由
・大洪水の後に襲う恐ろしい自然災害とは?
・将来の食糧危機に備える方法


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国民年金改正法案を巡る与野党の茶番劇

  2. 史上最大規模の中国水害…投資家視点でチャンスを読み取る数字…

  3. 急成長する仮想通貨の貸出ビジネス

  4. 意外に遅い日本の光通信速度、競争力落ちる日本の未来

  5. 日本企業の信用不安がもたらす日本の恐ろしい現実

  6. 幸福度とお金の関係

  7. 必要とされる人・削減される人。ダボス会議「グレート・リセット」がもたら…

  8. 外資優遇の縮小によるフィリピン経済への影響

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 8月 23日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ