中国、対米大豆の輸入減少…米中対立の行方と穀物市場への影響

中国の貿易統計によると、1~7月の対米輸入は
前年同期比3.5%減少、大豆は全世界からの輸入が
増えるなか米国産の輸入減少が続いています。

米中対立が広がるなか、政治的駆け引きの材料として
対米輸入が抑えられているとみておかしくありません。

米中対立が激しくなる中、今後の穀物市場
そして米中関係の行方について横森が
解説しました。

【音声内容】
・穀物市場を動かす中国の動向
・香港ドルが枯渇する?香港金融市場の実態は?
・米中関係…歩み寄りか、対立激化か?
・戦争前にやるべき国家戦略政策…


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 海外渡航者は実質ワクチン義務化?全世界をデジタルID監視社会へ

  2. 家賃滞納急増!窮地に追い込まれるアパート経営の実態…

  3. 『失敗しない人生』は幸福か不幸か?

  4. EU離脱によりイギリス金融街がより強固になる理由

  5. 中国が米企業に報復しない痛い理由…米中戦争の開戦は延期?

  6. 富裕層に大人気!大恐慌、コロナ鎖国時代で密かに海外に逃げる方法

  7. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

  8. 仮想通貨投資を推奨する米年金コンサル企業

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ