デキるやつほど起業する?大企業の見限った日本の若手エリートたち

東京大学発のスタートアップが
存在感を高めています。

東大卒業後は霞が関の官庁や
大企業に行くのが王道と思いきや

「優秀な人ほど起業する」

のが今の東大の常識になりつつあります。

優秀な人材にとって「出るくい」を
生かし切れない旧来型の
大組織は魅力を失った。

自ら会社を立ち上げ、社会課題の
解決に真っ向勝負を挑む時代になりました。

【音声内容】
・超高学歴若者が求める職業とは?
・借金地獄の横森の選んだ仕事…
・現代で若者が注目すべき起業分野とは?
・若手起業家の未来を潰す人(あなたかもしれません…)


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 安倍首相:フィリピン1兆円の経済支援は最良の判断か?

  2. 「人生100年時代」の老後、考えていますか?

  3. ワクチン接種で移動者選別 イスラエルは日本の未来?

  4. フィリピン 外資規制変更による海外投資家への恩恵

  5. ユーチューバーは燃え尽き症候群?ユーチューブの正しい戦略

  6. 2018年度一般会計予算から見る日本の方向性

  7. 不良債権処理を始めた地方銀行の時限爆弾

  8. 海外事業で成功するための『アムンゼン南極冒険の法則』

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ