デキるやつほど起業する?大企業の見限った日本の若手エリートたち

東京大学発のスタートアップが
存在感を高めています。

東大卒業後は霞が関の官庁や
大企業に行くのが王道と思いきや

「優秀な人ほど起業する」

のが今の東大の常識になりつつあります。

優秀な人材にとって「出るくい」を
生かし切れない旧来型の
大組織は魅力を失った。

自ら会社を立ち上げ、社会課題の
解決に真っ向勝負を挑む時代になりました。

【音声内容】
・超高学歴若者が求める職業とは?
・借金地獄の横森の選んだ仕事…
・現代で若者が注目すべき起業分野とは?
・若手起業家の未来を潰す人(あなたかもしれません…)


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日米貿易交渉の行方:TPPかFTAか?

  2. イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

  3. 仮想通貨ブームの終焉:仮想通貨の未来とは? 

  4. アメリカによる中国仕掛け?イラン原油貿易での罠

  5. 『脱時間給』法案:将来求められる人材像とは?

  6. 現代貨幣理論と南海トラフ地震の密かな関係

  7. やりたいことを見つける自己発見法

  8. 膨らむ債権バブル、崩壊後の世界経済とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ